初めまして

初めてこのサイトへお越しくださったあなたに、こころより感謝申し上げます。

photo_header

熟年離婚は聞いたことがあるけれど、熟年輝婚なんて初めて聞いたよ、そんな声が聞こえてきそうですね。

20歳で結婚して、45歳で離婚した私は、15年の時を経てプロポーズをするために出掛けました。
復縁は絶対にしない!と言い切っていましたから、終の棲家では新たなパートナーと暮らしたいと思うようになりました。

それでは、とたくさん希望を伝えて運命の人に逢わせてください、とお願いしました。

結果教えられたのが、元の夫でした(笑)

アメージングヒーラー=ソウルリセッターとして生きていこうと決めたとき、私はどんな人生を提案したいのだろうと考えました。

ひとはひとりでも生きていけるけれど、パートナーがいればどれだけ楽しいだろう、豊かな人生になるだろう

そう思い、共に生きるその人生を輝く笑顔で暮らしてほしい と願って熟年輝婚と決めました。

いま結婚されている方も、これから結婚される方も、どなたにも輝く笑顔で生きてほしい

そう願っています。

40数年前、神前で夫婦になりますと誓いましたが、別れましたとは報告していません(笑)
ですからまた夫と呼び、これから20年以上を共に輝く笑顔で過ごします。

あなたの熟年輝婚のためにも、ぜひお手伝いをさせてください。

ありがとうございます。