熟年輝婚という考え方

親が離婚しているので、自分は絶対に離婚しない!と決めていました。
何度も危機はあったけれど、私が我慢すれば、それでうまくいくなら親の二の舞はすまいって。

それなのに、家族を置いて出たのは、家族と一緒に暮らしていてもとっても寂しいと痛感したからです。
いつも 私自身をゴミ箱だと感じていました。
夫や、子供たちの愚痴を聞くゴミ箱。

私の愚痴は?

何処にも捨て場がありませんでした。
家族と一緒に暮らしているのに、寂しくて仕方がない・・・
こんなことならひとりで暮らした方が良い そう思いました。
結婚して、24年がもうすぐ、というときでした。

数年後娘が結婚すると、離婚届を出しました。

それから10数年が経ち、自分の生き方もそれなりに見えてきて自分自身をプロデュースすることになったとき、熟年輝婚 という言葉が浮かんできました。

私は熟年離婚をしてしまったけど、いま結婚生活を送っている人、これから結婚する人たちには、熟年輝婚を目指してほしい!と思ったのです。
結婚して20年以上経って離婚することを『熟年離婚』と呼ぶのなら、20年以上輝く笑顔で続けた結婚生活を『熟年輝婚』と呼んでもらおう、そう決めました。

そのために私が出来る事はなんだろう?と考えました。

いま、まほろばヒーリングで、過去生を知っていただき、
昔むかし大昔も、元々は幸せだった
いったい何があったから、こころが離れてしまったんだろう・・・
そんなことをお伝えし、その時のお互いの想いをすべて話して、赦し赦され、癒し癒されれば、元々の関係に戻れます とお話しています。

離婚して、生活圏が離れて顔も見ないで暮らせるようになれば、来世出会うことはないだろう と思うのは間違いです。
魂は、ずっと引き継いでいます。
今世切っても良いご縁なら、和解することが、来世以降出会わないというご縁になります。

今世も、来世も輝く笑顔で生きたいならば、ぜひご縁を整えておいてください。
それが良く生きることであり、善く逝くことに繋がります。

ありがとうございます。